甥の夏期休暇

休暇は何処かへ遊びに行ったのかと思っていたら
何処にも行かず、海で泳いでいたらしい。
折角の休みだから 日本海へでも行ったのかと思っていたらそれも無し!

車で30分程の所にあるM海水浴場へ行っていたらしいけど
家から水着を穿いて行き、ペットボトルにお水を入れて行って
並べて置いたらシャワーより熱いお湯になるらしい。
泳いだ後は頭から被って、トイレで着替えたらしい。

海の家も、シャワーも使わず、駐車料金1000円だけの海水浴。

明石海峡大橋や淡路島を眺めながら泳げる
レビューで☆5つの海水浴場です。

afb4a_0001829238_1.jpg

画像はお借りしました


宮沢賢治

2週目の授業は賢治の事について少しだけ詳しく聞く事が出来ました。
15才にして短歌創作開始 ←凄い!

1914年:原因不明の高熱が続き発疹チフスの疑いで2か月入院
      優しくして貰った同年の看護婦に恋心を抱き
      短歌を創作、結婚を訴えるが却下。   

19才「漢和対照妙法蓮華経」を読み感銘を受ける
常に座右に置き、生涯この経典から離れる事は無かった。

求道者の生活(菜食主義、農民の生活改善優先)
校正、筆耕の仕事に就きながら「国柱会」に奉仕、街頭布教や奉仕活動をする。

大正10年夏、トシ病報で帰宅、皮トランク一杯の童話原稿用紙三千枚を持ち帰る。

トシが療養していた別荘


300px-Rasuchijin.jpg


11月、トシ24歳で死亡、兄妹大変仲が良かった為
周りの人達はトシが死んだ事も悲しいが
嘆き悲しむ賢治を見ている方がもっと辛かった。

トシ亡きあと賢治はここで暮らし、周囲を開墾し畑と花壇を作った。

mk28.jpg

ここを訪れた人は、チョークでなぞって
この字が何時までも消えないように守っているとか。


okinag99翁草

賢治が愛した「オキナグサ」
花言葉: 「清純な心」「告げられぬ恋」「何も求めない」「裏切りの恋」

画像はお借りしました。








たこ焼き

涼しくなって来たので、久しぶりにたこ焼きを作りました。
今回は初めてクックパッドで検索したやり方で
キャベツ、ネギ等を刻んで入れ、タコ投入!


IMG_0602.jpg


しっかり片面を焼いてからひっくり返します。
レシピではソースをつけて食べるようになっていましたが
途中から出汁に変更、やっぱり出汁で食べた方が美味しい~♪


IMG_0603.jpg

鉄板が焼けているので、さすがに暑かった~(>_<)
もう少し涼しくなってからの方が良いですね。
でも美味しかった、ご馳走様でした~。

イーハトーヴの風

近くの大学では現役生並みの講義が受けられ
80講座ある中から好きな講座を選んで受ける事が出来ます。

後期の案内が届き、9月から11月にかけての
「宮沢賢治、イーハトーヴの風」を受ける事にしました。

大学構内も少しだけ紅葉が始まっています。

構内IMG_0596


10分前に到着、すでに10名程の人が来ています。

教室IMG_0600


イーハトーヴって何処

「岩手の大自然の中にある心象風景、現実世界とは価値観の違う世界」
講師の先生はこのように仰いましたが
賢治の作品を読んで行くうちに、少しずつ
自分なりに実感出来るようになるのでは・・・と思っています。


宮沢賢治IMG_0601


帰りはご近所のKさんが車で来ていて「ご一緒に」と言ってくれましたが
お断りして大好きな通学路を帰りました。
「こんなに近いのに車でなんて、駄目ねぇ」と言っていましたが
来週はどうかな?歩いて来るかしら?


通学路IMG_0585

スケッチ

9月からは又風景です。
8月はお休みだった人(静物嫌い)のお顔も見えます。
今回は6人の方達とご一緒に描きました。

習作の為、題名も無し。

別荘IMG_0569


食欲も無く、コンビニおにぎりと、フルーツ
冷たいフルーツとお茶が美味しいです。

IMG_0434.jpg

機嫌よく1日遊んで帰って来たところ、Nさんの訃報を聞く事に・・・
享年85歳、いつもお洒落で明るいNさんでした。

子供の頃、お母様を亡くされて15歳で就職。
3歳の妹さんを連れて面接試験に挑み
面接官に「どうするのか?」と聞かれ
「近所のおばさんに預かって貰えるから」と無事就職する事が出来ました。

3人姉妹の長女、子供の頃は苦労されたようですが、「明るい」印象だけが残っています。
「15歳の頃銭湯で、3歳の妹の髪を洗っているのを見て近所の人が泣いた」と。
その妹さんが良く遊びに来られていたようですが、私は1度だけお会いした事があります。
姉妹とても仲が良く、女姉妹の居ない私は羨ましく思ったものです。
最後までお洒落で、元気一杯のまま、弱った姿を見せないで旅立たれました。