水色の風

ARTICLE PAGE

Iさんの事

「夏の思い出」  透明水彩

004.jpg


叔父さんが〇〇省のお偉いさんだったIさんは
叔母さんから「東京見物にいらっしゃい」と言って貰って上京。

見物が長くなり半年、一旦故郷T市へ帰り
もう一度、今度は自分から希望してもう半年。

その間の 東京見物と言うにはあまりにも豪華すぎるお話です。

洋服を作るには〇〇省の一部屋に、業者が沢山の生地を持って来て
その中から1着分を選び、採寸、仮縫い(2度)でスリーピースをあつらえ

靴もオーダーで、靴屋さんが何種類かの皮を持って来て
自分でデザインした靴を作って貰ったり、そのデザインがあまりにも素晴らしいので
〇〇省の、しかるべき所に「暫く飾らせてほしい」と言われ

見た人の中に同じものを・・・と希望する人が5人も居たそうで
「お嬢さんの了解を得ないと・・・」との事だったらしいのですが
「私は田舎へ帰るので良いですよ」と、T市と東京は離れていますからね~。
「私が田舎へ帰った後はもっと作ってるよ」と笑っていました。

それよりもっと豪華?なのが外交官との縁談のお話を叔父さんが
「あかん、インドなんてあかん!」と断ってしまって
「私、インドでも良かったのに~」と、さらりと話すIさんです。

スポンサーサイト

6 Comments

Carlos  

おはようございます。
いるんですね~お金持ちが・・・・
贅沢三昧の生活はどうなんでしょうかね~。

2016/10/13 (Thu) 09:36 | EDIT | REPLY |   

こまち  

半年見物していったん帰ってまた半年見物ってもう見物って言わないのじゃなくて住んでるって感じですね

それにしてもなんとセレブ生活なんでしょう
靴も服もあつらえなんて豪華な事って私には考えられないです

もしインドに行かれてたらどうなってたのでしょうね

すっかり涼しくなってほんと夏が想い出になりましたね(^O^)/

2016/10/13 (Thu) 11:04 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

Carlos さんへ
居るんですね~。
セレブでハイソサエティーの人って!

2016/10/13 (Thu) 16:46 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

こまちさんへ
東京滞在中は叔母さんと一緒に、和服で歌舞伎見物へ
それも車が迎えに来てくれたそうで、その時代にですからね~。

インドからイギリス、フランスなんて有ったかも知れませんね~。
ほんとに涼しくなって良い気候になりました。
あの暑い夏が嘘のようですね。

2016/10/13 (Thu) 16:56 | EDIT | REPLY |   

nekomama  

こんばんは♪
衣装代が大変でしょう、なんてはしたないことは
話題にしちゃいけませんね(><)
注文の靴は作ってみたいです
私の場合はおしゃれじゃなくて
足をリラックスさせるためなんですけど
既製品で合う靴があったのに
製造中止になっていて もう木型がないの(;;)

2016/10/16 (Sun) 21:51 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

nekomamaさんへ
Iさんはとってもお洒落で
日常のお買い物でもバッチリ決まっています。
「今日もシルクのブラウスだわ」なんて
下世話な事を考えながら拝見しています~。

足に合った靴の製造中止は残念ですね。
私も歩きやすい靴を見つけたので喜んでいたら
その後「もう作っていない」と言われた事があります。
ほんと 足の為に一度で良いからオーダーしたいです。

2016/10/17 (Mon) 07:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い