水色の風

ARTICLE PAGE

シルクロード講座

「シルクロード」の講座が始まりました。
電車で来る人は受講票を見せれば
駅から大学までのスクールバスが利用出来ます。

個人的には森を抜けて近道をして行きます。
足元に気をつけないと、木の根っこ等につまずいて「おっとっと」
でもよそ見をしながらの大好きな通学路です。

002.jpg


池の水が抜かれているようで、水量が減って真ん中の辺りにしかありません。
シラサギ?達が狭い所で肩を寄せ合っているように見えます。

003.jpg


ーシルクロード講座よりー

東方の遠い不思議の国は、まことに不思議な帯によってヨーロッパと繋がっていた。
これだけでも 現実のおとぎ話とも思える程繊細なものである。
お互いに相手の言葉は殆んど知らず、言う事もなかなかわからなくて 身振りで話し合った さまざまの民族が
軽くてきらきら光る織物を詰めた大きな梱(こり)を、隊商から隊商へとリレーした。
その織物はヨーロッパの婦人達がとても欲しがったので 夫は同じ重さの金を支払った。
到底行きつけない遠国の魅力がその周りに漂い、絹の着物を着た女をも包むのであった。
砂漠を通り、山々を超え、死都の廃墟を抜け、世界最高の峠の氷雪を超えて行く
この遥かな地域を貫くのが世界で最も長い道、絹の道であった。(道の文化史より)


3つのシルクロード  ステップルート
              オアシスルート(一般に言うシルクロード)
              マリンルート

ヒトコブラクダ:アラビア、シリアで飼育 乗用に適する
フタコブラクダ:中央アジアを中心に飼育 ヒトコブラクダより小柄で小太り 駄用に適する


シルクロードで使用されたのはフタコブラクダである。
300頭で1キャラバンを編成

300頭中4分の3に商品を積み、後の4分の1は住居の包(パオ)や食料品、飲料水、日用品を積載した。
1日の行程は35から40㎞だと言われている。

受講者全員にプレゼントされた本
取りあえずしまっておくことにします。

006.jpg

スポンサーサイト

6 Comments

Carlos  

こんにちは
シルクロード講座ですか~
面白そうですね。
何千キロも旅しながら絹を運んだんですね。

大学への道すがら、素敵ですね。

2015/11/06 (Fri) 11:21 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

Carlos さんへ

月1度の講座ですが、半年間楽しみです。
遠い東洋の国は憧れの国だったのですね。

通学路素敵でしょう、お気に入りの道なんです。

2015/11/06 (Fri) 15:21 | EDIT | REPLY |   

こまち  

講義楽しそう

大学まで歩いて行けるぐらい近いのですか?
この森の通り道良い雰囲気ですね
好きなの分かる気がします

長いシルクロード神秘的ですね
手ぶり身振りで言葉も喋れないのに話しが通じるのですね
品物と同じお金を支払うとは硬貨(金貨?)なんでしょうか
お札だと軽すぎますものね

次の講義も楽しみですね
お楽しみのカフェスイーツはないのですか(#^^#)

2015/11/06 (Fri) 19:17 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

こまちさんへ

正門の方に回ると少し時間がかかりますが
この森を抜けて裏門から行くと20分くらいで行けます。
大好きな道なのでゆっくり歩きます。

神秘的ですよね~。
同じ重さの金(Gold)を支払ったようですね。
女は物要りですね。

次はどんなお話なんでしょうかね?
スィーツはありませんが
コーヒー紅茶などは自由に飲めます。
90分終った後、は~、やれやれ、と頂いてから帰ります。


2015/11/06 (Fri) 20:09 | EDIT | REPLY |   

nekomama  

おはようございます♪
きれいな通学路ですねえ
これからの講座がすっきり頭に入りそう~(^-^)

シルクロードは雰囲気はエキゾチックで
面白そうなんて思いますが
難しそう(^-^)

2015/11/07 (Sat) 08:54 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

nekomama さんへ

緑の中を抜けて行く
このコースが楽しみなんですよ。
少しは頭に入りやすいかしら?

奥が深そうですが
分かる範囲で楽しみますね~。

2015/11/07 (Sat) 13:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い