水色の風

ARTICLE PAGE

エクステンションカレッジ

「平家物語を読む」2015年前期が始まりました。
最初「テンポが速いな~」と思っていた
講師の軽妙な語り口にも 大分慣れて来ました。

本文の中からは
鬼界が島に流された3人の話で
康頼と成経は島に熊野権現を勧請し、祝言を読んで帰京を祈る。
康頼は千本の卒都婆を作り詩を書いて海に流した。
そのうちの1本が厳島に漂着して、都へ伝えられ、人々を動かす。

このように、流人の切なる思いが 故国へ届いた例として
漢の蘇武が雁に手紙を託し、遂に救出されたと言う故事がある。

3人のうち俊寛だけは違った考えの為、島に残る事になります。
船にすがって引きずられて行く様子を
「足摺り」として学生時代に習ったのを思い出します。

今期より、隣りにある自習室にコーヒーメーカーが設置され
自由に利用できます。
結構利用している人が居て
部屋に入ると コーヒーの良い香りが漂っています。


002.jpg


その他
次の天皇に 位を譲った天皇の事を 太上天皇(略して上皇)または院という。
その天皇が 又次に譲った場合は、新をつけて「新院」
前に譲った人には 本をつけて本院という。

帰り道、他所のお宅の玄関前で見つけた まだ飛べない雛。
隙間に足を挟んでは、よろよろ歩いていましたが
元気に飛び立つ事が出来たかしら?

雛
スポンサーサイト

6 Comments

こまち  

何巻も

平家物語って祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり・・・だけじゃないんですね
私も一から勉強しないと全然分かりません
それに結構何巻もあるんですよね?
先生が詳しく説明してくれるのですか
でも分かってきたら面白いでしょうね

コーヒ2杯はお代わりしそう
眠気覚ましてしっかり聞かなくちゃ(^O^)/

雛ちゃん無事に避難できたのかな
親も心配して探してないのかしら
私もその後が心配です

2015/05/29 (Fri) 19:25 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

こまちさんへ

1人の人が書いた物では無く
何人もの人によって書き加えられたりしたようで
長~い物語ですね。
本文についての説明はあまりありません
書かれていない 周辺の事についての方が多いです。

行くのはいつもぎりぎりになってしまいますので
授業の後に「はぁ~、やれやれ~」と頂いています。

そうなんですよ、猫にでも見つかっていたら大変です
お家の人が見つけて保護してくれてると良いのですけど・・・。
どうしているのかと 心配しています。

2015/05/29 (Fri) 19:49 | EDIT | REPLY |   

Carlos  

No title

おはようございます。
平家物語ですか~
学生の頃、初めの部分は暗記しましたが・・・
何回まで続くんでしょう?
勉強することは素晴らしいですね。

2015/05/30 (Sat) 07:36 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

Carlos さんへ

平家物語の最初の部分は あまりにも有名ですね。
前期10回、後期10回の予定です。
年内いっぱいは楽しめそうです。

2015/05/31 (Sun) 20:52 | EDIT | REPLY |   

nekomama  

No title

おはようございます♪
始まりましたね、平家物語はとても複雑な人間関係が
あるようですね
歴史読み物のようなかんじで、お茶をしながら
初夏の勉強時間を過ごすのは
あたまも心ものびのびしそう~

この雛ちゃん巣からおちちゃったのかな(^-^)

2015/06/01 (Mon) 10:39 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

nekomama さんへ

1人の人によって書かれたのでは無くて
その時その時で色々な人が書き加えて行ったとかで
大変複雑ですね。

90分授業の後に頂くコーヒーは
一段と美味しく感じます。

羽を広げて、飛ぶような素振りをするのですが
まだ無理のようでした。
元気に飛び立っていてほしいです。

2015/06/01 (Mon) 10:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い