水色の風

ARTICLE PAGE

平家物語と各地の史跡・伝承地

第6回目の今回で終了です。
最終回は史跡、落人伝説 についてのお話でした。

源平合戦に関連する「史跡」には
史実に基づき記録などから確認できる場所、遺物、の他にも さまざまな種類の物がある。

平家物語などに依拠したもの、それらを受容した 物語や謡曲などによるもの
地名由来と関わるもの、戦場を生き延びた落人にまつわるもの
地域活性化などを目的に 商業効果を狙って生み出された物などが
日本全国に分布しています。

平家落人伝承を持つ代表的な集落
福島県檜枝岐、岐阜県白川、徳島県祖谷、宮崎県椎葉・米良、熊本県五家荘
お馴染みの地名がありますね~。

平清盛の白川院落胤説
安徳天皇女性説

安徳天皇については
徳島県東祖谷に逃げ延び16歳まで生きた。

壇ノ浦に入水したのは実は大納言時房の娘で
天皇は資盛達と共に鹿児島県硫黄島に落ち延びて
黒木御所(天皇の子孫と言う長浜家によって現在も守られている)を構えた、等があります。

島根県八頭群若桜町には 経盛主従が落ち延びて隠棲したと言う洞窟がある。
経盛の墓があり、当地の人々は平家姓を名乗る。

我が兵庫県は一ノ谷の合戦の舞台でもあり、県内全域に史跡が点在していて
中には正史や平家物語諸本には 根拠の見だせない土地の伝承に基づいたものもある。

今回の講師曰く「祇園精舎の・・・」は皆さん読んでいらっしゃるでしょうから
周辺のお話で・・・という事でしたが
私、全部は読んで無いよ~(-_-;)
でも楽しかった~♪
















.
スポンサーサイト

6 Comments

こまち  

歴史も奥深いですね
色々勉強して楽しそうでよかったですね
安徳天皇って壇ノ浦で死んだとばかり思ってたのに身代わりだったとは・・
折角生き延びたのに16歳までの命だったとは短い人生だったんですね
私も「祇園精舎の・・・」までは知ってるけどこの後は・・・です

2015/02/26 (Thu) 20:53 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

こまちさんへ

安徳天皇は遺体が上がっていないので
こんな伝説が生まれたのかも知れませんね。
いずれにしても16歳までの短い命だったのですね。
長生きだとすれば
歴史を書き変えなくてはいけなかったでしょうけど。

そうなんですよ
平家物語そのものの 中身も少しは聞きたかったです。

2015/02/27 (Fri) 08:03 | EDIT | REPLY |   

Carlos  

No title

おはようございます。
平家物語、最終回でしたか。
平家の落人集落の福島県桧枝岐は渓流釣りでたまに行くところです。

2015/02/27 (Fri) 08:36 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

Carlos さんへ

6回の講座が終了しました。

そうですか、歴史ある場所で渓流釣り!
なんか良いですね~♪

2015/02/27 (Fri) 11:06 | EDIT | REPLY |   

nekomama  

No title

こんばんは~♪
すごい!読み切れないほどのお勉強!
平家物語はあまり詳しくない部分ですが、
人間関係が複雑でとても違う世界感が
楽しみだったのはわかる気がします。

また新しいことをお勉強したくなったでしょ。
若いころより、歴史は今日意味がありますね(^-^)

2015/02/27 (Fri) 18:34 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

nekomama さんへ

そうなんですよ、全部は読んでいないので・・・。
今からでも最後まで読んでみようかしらと思います。

人間関係がほんとに複雑!
色々な人の名前が出て来るので、え~っと?状態です。

4月から始まる、2015年前期の案内が来ていますので
どれか申し込んでみようと思っています。

2015/02/28 (Sat) 09:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い