Welcome to my blog

水色の風

ARTICLE PAGE

平家物語を読む

源義経と木曽義仲について学んできました。

源義経
出生:平治元年(1159年)
死去:文治5年 潤4月3日(1189年6月15日)
享年:31歳

木曽義仲
出生:久寿元年(1154年)
死去:寿永3年1月21日(1184年3月5日)
享年:31歳

2人はいとこ同士であり親の仇でもありました。
2人とも31歳で亡くなっているのも偶然で、不思議な気がします。

義経は 悲劇のヒーローとして とても人気がありますね。
義仲も あまり戦果を挙げていないにも関わらず やはり人気があり
長野では「何故大河ドラマで取り上げないのだ」と熱心な人が
50回位のシナリオを書いて、提出したりしているそうです。

「巴」は500騎が5騎になっても討たれずに義仲の側に居た。
「木曽殿は最後の戦に女を連れて、と言われては・・・」と
「何処にでも行きなさい」と言われ落ち延びて行く。

義仲は今井兼平と二騎になり
「身分の低い武士に打たれては恥になります」
「どうぞあの松林の中へ入って自害して下さい」
と今井に勧められるが、なかなか実行出来ず
ようやく入った松林で、深田にはまり
馬も頭まで沈み、身動きが取れなくなる。

義仲が振り向いたところ、石田次郎為久の矢が刺さり致命傷となる。
義仲が、不名誉な最期を遂げたことを知り
今井は、義仲の代わりに 立派な最期を遂げて見せようと
刀を口に含み、馬から逆さまに落ちて 刀を貫通させて自害する。


「お楽しみどんぶり」を頂きましたが
やっぱり ご飯の量が半端じゃない(>_<)
次回は ご飯の量を半分にして貰わなくっちゃ。

お楽しみ丼









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スポンサーサイト

8 Comments

Carlos  

No title

こんにちは
平家物語の後のお楽しみどんぶり、美味しそうですね。
ご飯の量結構多かったんですね?

2015/02/07 (Sat) 16:07 | EDIT | REPLY |   

こまち  

戦国時代

義経と吉仲って従兄同士だったのですね
親の仇ってのも2人共若い31歳で死んだのも
何か不思議な縁を感じます。
死に方にも身分があったとは
戦国時代を生き抜くのって大変だったのですね
私は今の時代で良かったです

丼って牛丼ですか?
丼物は好きなのでついつい
ご飯が多くても私なら完食してしまいそうです(^_^)/

2015/02/07 (Sat) 19:17 | EDIT | REPLY |   

nekomama  

No title

着々と学びがすすんでますね^^

源義経と木曽義仲が共に31歳で亡くなっているなんて
知りませんでした、若いわあ。

こんな古い時代のことなのに
なんと細かい出来事が記録されてるんですね
昔は記録係がいたのね。

勉強のあとはエネルギーの補充が必要でしょう(^-^)
たくさん食べて太ってね~

2015/02/07 (Sat) 22:44 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

Carlos さんへ

は~い、美味しかったです~。
でもご飯の量が半端じゃない(>_<)
とても食べきれませ~ん。

2015/02/08 (Sun) 10:29 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

こまちさんへ

戦国時代って 兄弟で殺し合いをしたりしていましたよね。
今の時代では考えられない事ですね。

義仲って家来に言われてもなかなか自害出来なくて
「武士のくせにビビり~」と言うイメージがありますね。
でも人気があるようで不思議です。

どんぶりは何種類か入っていましたが
周りにレタスが入っているのが良かったです。

2015/02/08 (Sun) 10:40 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

nekomama さんへ

早いもので
講座も、もう半分終わりました。

戦国時代は 戦があったりするので 皆、短命ですね。
31歳の人生って短すぎますね。

身分の高い人は 誰かが日記に書いていたり
このように、平家物語に書かれていたりして
結構詳しく分かるようですね。

昨年の夏に少しやせたのですが
2キロ増えて、前よりちょっぴり多くなりました(^o^)

2015/02/08 (Sun) 10:48 | EDIT | REPLY |   

麦  

No title

楽しそうで、おいしそう(^^)

源義経と木曽義仲と、そんなにご縁が深いんですね。
歴史音痴だから義経と言うと清盛が浮かびますが、ググってみたら義経と平清盛は親子ほど年齢差があるのですね。

こちらでも講座を探したところ、今だからでしょうね、吉田松陰が多かったです。
どれか受けてみようと思っていますが、帰り道に太ってしまうかな(笑)

2015/02/09 (Mon) 11:28 | EDIT | REPLY |   

きょんきょん  

麦さんへ

食べる楽しみも半分、と言ったところです~。

義経と義仲、そんなご縁があるとは 知らなかったです。
そうね~、義経と言うと清盛を連想しますよね。
って私達だけかしら?(笑)

「吉田松陰」良いですね、楽しそう♪
帰りは、車を使わないで 歩いて帰りましょう!

2015/02/09 (Mon) 15:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment