水色の風

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年10月  1/1

浮世絵講座

          「ざくろ」 透明水彩浮世絵とは:浮世絵師が描いた物を浮世絵と言う。浮世絵師とは:江戸においては菱川師宣や杉村治兵衛の流れに連なる絵師         京、大阪においては吉田半兵衛や西川助信に連なる絵師を浮世絵師と言います。         浮世絵師派の絵師が浮世絵師です。多色摺り浮世絵版画の完成した姿を錦の様に美しい、という意味で「錦絵」と言います。と ちょっと馴染みのない名前...

  •  6
  •  0

カヤネズミ

「アメジストセージ」  透明水彩「カヤネズミ」は体長5~7センチ、体重7~14グラムの小さなネズミで萱原に住むから「カヤネズミ」と呼ばれています。萱の葉を裂いて、10センチほどの丸い小さな巣を作りその中で休んだり、子育てをしたりします。イネ科植物の種子や草の実、エノコログサの種イナゴ、バッタなどを食べて生きているカヤネズミは古来より萱原の中で ひっそりと暮らしてきました。そんなカヤネズミの生き方に...

  •  4
  •  0

先生のコーヒー

「ボッグセージ」  透明水彩Iさんの娘婿さんは可哀想な人で、旅行は勿論、近場の温泉すら行った事が無い。娘さんも薬剤師さんなので一緒に忙しく働いていて、可哀想・・・とIさん。娘婿さんの楽しみは近くの喫茶店で、一番高いコーヒーお決りの「先生のコーヒー」を飲むのが唯一の楽しみそれも全部飲まない間に電話がかかって来て、経営する医院へ帰ります。他人から見たら羨ましい様な 理想のカップルですが当人同士は大変な...

  •  6
  •  0

Iさんの事

「夏の思い出」  透明水彩叔父さんが〇〇省のお偉いさんだったIさんは叔母さんから「東京見物にいらっしゃい」と言って貰って上京。見物が長くなり半年、一旦故郷T市へ帰りもう一度、今度は自分から希望してもう半年。その間の 東京見物と言うにはあまりにも豪華すぎるお話です。洋服を作るには〇〇省の一部屋に、業者が沢山の生地を持って来てその中から1着分を選び、採寸、仮縫い(2度)でスリーピースをあつらえ靴もオー...

  •  6
  •  0

リベンジって?

「ぶどう」  透明水彩友達**さんから長~い電話、その内容は〇〇さんが「私これでリベンジしたわ!」と言うのよ・・・と。しかもその意味は「復讐」「仕返し」「恨みをはらす」「報復」だとか?私も検索した結果、次のような文章を見つけました。『歴史の浅い合衆国は別として、かつてのヨーロッパでは「復讐」と「名誉挽回」&「汚名返上」は切っても切り離せない関係だったと思います。 封建制下のヨーロッパを舞台にした物...

  •  6
  •  0

タイトル変更しました

「移情閣」 透明水彩ハンドルネームは ほぼ本名日記と言う程毎日書いていない とちょっぴり感じる所があり、タイトルを変更しました。台風の合間を縫って、久し振りのスケッチ会でした。天気予報では雨のち曇り大雨じゃ無かったら行こうね・・・と友達と約束して出かけました。7月8月が夏休みだった為、悪天候にも関わらず結構な出席率!描いてる途中雨に降られましたが 東屋の下で描いていたので大丈夫!長い傘を持って来た人...

  •  6
  •  0

出会った人たち

去年友達と一緒に行った時は、殆んど友達のワンマンショーでお隣に座り合わせた方が、どんな方か分からないままでしたが今回は何組かのご夫妻、女子のシングルの方、とお話する事が出来ました。H製作所を退職して、アメリカで弁護士をしていたけど京都に惹かれ帰国、D大学の客員教師として半年間、法律を教えている人横浜在住ですが今は京都に住んで、京都を満喫している・・・と言う人。ニューヨークは良いですよ~♪とお話して...

  •  6
  •  0